清澄庭園案内/清澄ガイド倶楽部

11 庭園東

e0156629_15365691.jpg               


 
◇椋の木 ムクノキ

関東以西の山地に自生する落葉高木 樹皮は灰褐色 縦に浅い筋がついている 葉は互生し卵形で縁に鋭い鋸歯がある 葉の表面はざらざらしていて 工芸品の磨きなどに使われた 春 葉が開く頃に淡緑色の花が咲き果実は熟すと黒くなって甘い

e0156629_18325289.jpg                                                 
e0156629_1551384.jpg                   紅葉 


                     
  多層塔
奈良御影の11重で丈9尺 初重軸部に四方佛が刻まれ江戸期以前と推定される 出来も素晴らしい 元々は13重であるが関東大震災で転倒し3番4番が失われたと言われている 庭園中屈指の名品

e0156629_23515466.jpg






               
               ◇ 茶庭

     大正記念館東側に 保津川石の見事な水掘れ石があり
     左に組井筒とその間に飛び 石が連なっている 旧和館
     の茶庭庭先にあたる 背景に生駒石などを配置し
     京都を演出している
  


 

[PR]
by gkiyosumi | 2008-11-03 21:49