清澄庭園案内/清澄ガイド倶楽部

年 表

   清澄庭園年表

        1636 寛永13  久世広之 大和守叙任 関宿城主
        1694 元禄 7  松尾芭蕉没
        1734 享保19  紀伊国屋文左衛門 深川に没す -異説多し
        1828 文政11  分間 江戸大絵図にこの地 久世長門守下屋敷
        1871 明治 4  本地所 徳川新三位中将所有 後四条家へ
        1878 明治11  岩崎彌太郎 付近一帯を購入 庭園起工
        1880   13  庭園慨成 「深川親睦園」 と命名
        1885   18  彌太郎没 岩崎彌之助 庭園修築続行

e0156629_0481925.jpg1889 明治22 ジョサイア・コンドル 岩崎深川別邸/西洋館



e0156629_1435351.jpg
                               1889 明治22 柏木貨一郎 岩崎深川別邸/日本館
        1891   24  「清澄庭園」 完成
        1909   42  岩崎久彌 「キッチナー記念涼亭」竣工
        1923 大正12  関東大震災により大損壊
        1924   13  岩崎久彌 清澄庭園東半分を東京市に寄贈
e0156629_1458356.jpg
        1928 昭和 3  大正記念館竣工
        1932    7  東京市 「清澄庭園」 開園
        1945    20  東京大空襲 により再び庭園 大正記念館焼失
        1953    28  大正記念館再建
        1963    54  東京都名勝に指定





e0156629_1154525.jpg                              岩崎家の家紋"重ね三階菱"  

    岩崎 彌太郎  天保5年 - 明治18年


e0156629_0344194.jpg1835 年1月9日 (天保5/12.11) 出生
           土佐国安芸郡井ノ口村
           父彌次郎/地下浪人-母美和/長男
1854 安02 19   江戸、安積良斎 見山塾入門
1858 安05 23   土佐藩吉田東洋門下に入る
1859 安06 24   藩職に就き長崎派遣
1862 文02 27   結婚-高芝喜勢
彌太郎と妻喜勢/明治維新前

1865 慶元 30   長男久彌誕生
1867 慶03 32   坂本龍馬と交請 龍馬長崎発 " 船中八策 " 
1869 M02 34   開成館大阪勤務、高知藩権少参事     
1870 M03 35   九十九商会開設→三川商会
1873 M06 38   三菱商会と改称
1874 M07 39   東京南茅場町に本拠を移転
                      1875 M08 40   三菱汽船会社 上海定期航路開設
                      1877 M10 42   西南戦役軍事輸送受命
                      1878 M11 43   本清澄庭園 土地購入
                         M13     三菱「深川親睦園」開設

                      1879 M12 44   東京海上保険設立を援助
                      1880 M13 45   三菱為替店開設
                      1881 M14 46   高島炭坑買収,明治生命設立
                      1883 M16 48   共同運輸開業、三菱と競合
                      1884 M17 49   工部省長崎造船所を借用
                      1885 M18 50   2月7日茅町本邸/逝去-胃癌






                                  岩﨑 彌之助  嘉永4年 - 明治41年

e0156629_1352422.jpg        1851 嘉04  0   2月8日(嘉永4/1.8) 出生 /土佐国安芸郡井ノ口村
                      父彌次郎/母美和/次男 兄は岩崎 彌太郎
        1867 慶03 16   致道館入学
        1872 M05 21   米国ニューヨーク留学に出発
        1873 M06 22   父彌次郎没 留学から帰国
        1874 M07 23   東京に移る、後藤象二郎長女/早苗と結婚
        1877 M10 26   西南戦役軍事輸送受命 長崎にて指揮をとる
        1879 M12 28   長男小彌太誕生
        1885 M18 34   彌太郎没 二代目社長に就任
        1886 M19 35   三菱社と改称
        1889 M22 38   筑豊の炭坑経営に乗り出す

e0156629_11355293.jpg                                       
                                                            大名物"付藻茄子” 
        1891 M24 40   小岩井農場開設
        1891 M24 40   「清澄庭園」 岩崎深川別邸 完成
        1893 M26 42   三菱合資会社設立 社長は彌太郎長男久彌 監務就任
        1894 M27 43   三菱一号館竣工 合資会社本社を同所に移す
        1896 M29 45   男爵 日本銀行総裁に就任
        1902 M35 51   欧米を旅行
        1908 M41 57   3月25日 高輪邸にて逝去-上顎癌
        1909 M42  -    岩崎久彌により 「涼亭」 竣工
                    墓は世田谷区岡本 静嘉堂文庫 岩崎玉川廟
e0156629_1262255.jpg
                        岩崎彌之助廟/j.コンドル/世田谷 静嘉堂文庫


e0156629_1792454.jpg          彌之助の死
            しかし、このころから彌之助は体調を崩し大磯や箱根の別邸に静養す
            ることが多くなったやがて東大病院に入院する上顎骨癌腫と診断され
   
            秋口にはX線で癌腫を焼き切る治療を受けた食事もとれず口も利
            けないつらい闘病生活になったが彌之助はすべてを医者にゆだね弱音
            を吐くことは決してなかった だが懸命の治療の甲斐もなく
            
            明治41年/1908年 3月25日彌之助が完成を待ち侘びた完成間近の
                 高輪本邸/現開東閣で遂に帰らぬ人となった医師の問に筆談
                 で答えた 「何もいふ事ナシ」 が絶筆になった 享年57歳




                                       出典;「岩崎彌太郎小伝」三菱資料館 2001
                                                     「岩崎彌之助小伝」三菱資料館 2002






 ◇ 参考文献

        岩崎久彌傳   岩崎久彌傳編集委員会  昭和三十六年十二月二日
       
        ジョサイア・コンドル 「鹿鳴館の建築家 ジョサイア・コンドル展」 図録(増補改訂版)
                                       2009年12月25日 発行







        

[PR]
by gkiyosumi | 2008-11-03 21:30